トップ

電動自転車には自転車保険

自転車保険に加入する意味とは

自転車保険加入の理由とは

自転車は日常の移動手段として定着していますし、エコや健康管理のための運動として自転車に乗ることを習慣にしている人も増えています。そんな中で注目されているのが、自転車保険への加入です。自転車保険に加入することを真剣に考えるべきどんな理由があるでしょうか?自転車保険についての詳しいサイトはこちら。

2つの側面でのリスクを回避することができます。どのようなリスクでしょうか。
リスクの一つ目は、自分が自転車に乗っていて加害者になるというリスクです。自転車を運転していて、歩行者や他の自転車、車やそのたの物品にぶつかり、ケガをさせる、最悪の場合は死亡させる、車や物品を壊してしまうというリスクがあります。

最近の判例では、自転車事故の加害者に対し、1億円程度の損害賠償命令が下されるという事例もあります。自分が加害者になったときに、高額の賠償金や弁償費用、慰謝料などを自費で賄うことはほとんどの人の場合不可能です。もしもの時に備えての自転車保険は、賠償金の支払いをカバーしてくれます。

二番目のリスクは、自分が自転車事故の被害者になった場合です。ケガをした場合の入院費や通院費用、万が一死亡した場合、重度の障害が生じた場合の給付金なども自転車保険で補償される場合があります。自分が自転車に乗っていた時に単独で転倒してケガをした場合にも治療費が保険でカバーできます。

自転車による事故は統計によると約5分に1回の割合で発生しており、それにより死亡した人の数は1日当たり1人以上になります。自転車は気軽に乗れる交通手段ですが、安全運転や日常の整備点検を怠るなら凶器にもなります。

ですから、自分が加害者になった場合と被害者になった場合のリスクをよく考えて、自転車保険の積極的な加入や見直しを検討することができるでしょう。

Copyright © 自転車保険に加入する意味とは. All rights reserved.